階段

リフォームしたゆるやかな階段が快適すぎ☆素材の無垢の赤松も心地いい!

今回はリフォームした我が家の階段のご紹介です。

 

階段はただ1階と2階を移動する場所で軽視されがちですが、我が家はちょっとだけこだわったので、階段も快適空間になりました☆

 

ゆるやかな傾斜と広い踏板の階段が快適!

 

我が家は、少しだけ階段が占める面積を広くしました。

 

なので、一般的な建売のお家と階段の数は同じですが、1段の高さが低いです。

 

ちょっと分かりにくいかもしれないので、簡単に階段を三角の図形にして説明します。

 

まずは、建売のお家で採用されている階段がこんなカンジだとします。↓

建売の階段の様子を説明した図の画像

我が家は図でいう三角形の底辺を上の図よりも長くしているので、階段の傾斜がゆるやかです。こんなカンジ↓
階段の面積を広く取った場合、角度がゆるやかになることを説明した図の画像

 

傾斜部分の距離も長くなるので、1段1段のステップ部分も広くなります。

 

なので我が家の階段は、1段の高さが低く、ステップ部分は広いです。

 

先日のお盆休暇で実家に帰ったのですが、我が家の階段で慣れてしまっていたので「急だな~」と思ってしまいました。

 

普段、何気なく使っている階段ですが、少しの違いでこんなにも快適さが違うのかと思いました。

 

ただ、、

 

階段部分の面積を広くとるということは、リビングとか、収納スペースとかその分ほかの部分を削る、ということです。

 

ですので、「やっぱり階段の快適さよりも収納重視!」とか「なるべくリビングを広く!」というお考えの方にはオススメできない階段です。

 

我が家は一般的な階段より「90cm×90cm」くらい余分に階段スペースを使っています。

 

「90cm×90cm」あれば便利な収納スペースが1つ作れます。

 

ですので、それぞれのお家で「何を重要視するのか」を考えて階段スペースを決められるのがいいと思います☆

 

私も階段のことはあまり深く考えていませんでしたが、工務店さんにご提案され、この階段を採用しました。

 

そして実際に生活してみて、本当に快適です!

 

もし、リフォームをお考えで、私みたいに「階段の傾斜、ステップの広さ」など何もも気にしていなかった方は一度、ご検討いただければいいかな、と思います。

 

それに、傾斜がゆるやかなので手すりが不要です。

 

手すりスペースがない分、階段もひろびろです。

 

階段は1階のフローリングと同じ無垢の赤松☆

 

階段もリビングのフローリングと同じ無垢の赤松で作ってもらいました。

 

こちらも足触りさらさらで気持ちがいいです。

 

やっぱり無垢の木はいいですね。

 

我が家の階段です↓

我が家の無垢の赤松で作られた階段の画像

 

我が家の無垢の赤松で作られた階段の画像2

 

でも、たぶんこれから使っていくにつれて、真ん中だけ黒ずんでいくんだろうな~と思います。

 

それが無垢の木でつくった階段の欠点になるのかな~。

 

我が家はそれも家の味になると考えているのでいいのですが、、。

 

▼やっぱり、この時の予感が的中しました!よければご参考にどうぞ▼

やっぱり1年でこうなっちゃった!無垢材で階段を作った場合のデメリットリフォームをした我が家の階段は、リビングの床材と同じく赤松の無垢階段です。 https://kimamamama.com/...

よければ素敵なお家づくりの参考にしてください。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

▼我が家のリフォームの失敗&おススメ情報満載!!▼

☆我が家のリフォームに関する記事をまとめています☆